2014年10月11日

HG G-セルフ 肘関節の可動範囲を拡げる

|・ω・) <こんばんは。

HG G-セルフの可動範囲が少々気になるので、久々に切削作業をしました(笑
DSC302245_02.jpg
まずキットのままで組んだ場合、肘関節を動かそうとすると、↑の赤く囲んだ部分で
引っ掛かりを感じたので、削る事にしました。

DSC302247.jpg
こちらが削った後です。
目に付きやすい箇所なので、断面がいびつにならないように注意しました。
隙間が目立ってしまいましたが、内側をフレーム系グレーかブラックで塗り潰して
おけば少しは誤魔化せるかと思います。

DSC302248_02.jpg
上腕の白いパーツの↑の黄色い部分を、赤線のディテールの位置まで削りました。

DSC302252_02.jpg
前腕側の↑の赤く囲んだ、三角形に見える部分も少し削りました。

ただ、これらの工作だけではほとんど改善されなかったため、更にもう一つの加工も
行ないました。
DSC302250.jpg
まずは上腕のフレームパーツに、ランナーのパーツ番号タグを接着し、腕全体を
1mmほど延長する事にしました。

DSC302251.jpg
こうすると、1mm分だけ上腕と前腕が離れるため、肘関節を曲げた時の干渉も減る
ようになります。

ただ、腕全体の延長をした場合、1枚目の写真の箇所の切削はしなくても良いかと。
(結果的に隙間が大きく目立ってしまうだけなので)

これらの工作で、
DSC302253.jpg
現時点で肘関節はここまで曲げられるようになりました。
干渉部分をもう少し削れば、さらに曲げられるようになるかもですが、やりすぎて
しまうと見栄えが悪くなるので、この位が妥当でしょうか。

ついでに、
DSC302255.jpg
頭部アンテナの先端にランナーのパーツ番号タグを貼り付けて、延長してみる事に
しました。
実はこういう延長をやるのは初めてだったりします(笑
(今までは手間を優先して、削って薄くするだけだったので)

脚部の方は、割と難しい作業になりそうですね…(;´ω`)
posted by ミッチー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム(ガンプラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。