2014年08月01日

HGカスタマイズキャンペーン2014Summer・ABC パチ組み

|・ω・) <こんばんは。

ここ1ヶ月近く、まともにプラモ作りをしていなかったので、感覚を取り戻すという意味も
込めて、現在実施中の「HGカスタマイズキャンペーン2014Summer」のA・B・Cを組み
立てました。
DSC301840.jpg
まずは「A:ビームランチャー」。
2パターンの形態が再現できますが、こちらが基本形になります。
反対側なので分かりにくいですが、サブグリップが可動するので、両手持ちも出来ます。

DSC301844.jpg
こちらが2パターン目の「GG弾ランチャー」。
先端にはシュツルムファウストと似た弾頭が装備されています。
下の写真になりますが、弾頭部分は別パーツ化されているので、取り外せます。

DSC301846.jpg
このように、中心のスプレーガンっぽい基部に各パーツを取り付ける構成になっています。
どちらの形態も、ジオン系のイメージが強い感じですね。

DSC301838.jpg
次は「B:ガトリングガン」。
と言っても、1セットだけだと特にこれといったギミックがないのですが、2セット揃える事で、
ヘビーアームズカスタムやユニコーンガンダムが装備するような「ダブルガトリングガン」に
する事が出来ます。

今月のホビージャパンに書かれてましたが、ガンダム5号機のジャイアントガトリングガン
を基に作られたそうです。

DSC301843.jpg
今回の「A:ビームランチャー」と「B:ガトリングガン」は、グリップ部分の形状がほぼ同じ
形状になっていました。

個人的に、武器の持ち替えを考慮して、グリップ後端の出っ張りは最初から成型されて
いない形にして欲しかったな、と思いました。

DSC301841.jpg
最後に「C:二連ビームライフル&ソード」。
セットになっている2つの武器を連絡させたこの状態が基本になるようです。
フルアーマーガンダムの二連ビームライフルと、エクシアのGNソードをモチーフにした
ような形状ですね。

二連ビームライフルはグリップ部分が別パーツ化されており、左右どちらでも持たせる
事ができるようになっています。

DSC301842.jpg
もちろん別々に持たせる事も。
こちらはA、Bと違い、グリップ後端の出っ張りがないので、手首カバーを外す事もなく
持たせる事ができます。

今回入手したA・B・Cの3種を組み合わせて、こんな感じにしてみました。
DSC301836.jpg
基本的には6種合体形態をベースにしているんですが、一部パーツを別の場所に付け
直したりしています。

DSC301837.jpg
ガトリングの脇のソードは、砲身を守るためのシールドという解釈にしていますが、
弾切れになった時の最後の武器としても使えるかと。
posted by ミッチー at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム(ガンプラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。