2013年04月24日

「ガシャポン戦士NEXT13」 2度目の挑戦

|・ω・) <こんばんは。

今日、用事があって出掛けたついで、もう一度「ガシャポン戦士NEXT13」を3回ほど
チャレンジしてきました。
DSC209365.jpg
そのうち1回は前回の記事で紹介したエックスがダブりましたが、あとの2回で、特に
欲しいと思ってた「エックスD.V.」と「ウイングゼロ(EW)ライフル装備」が連続して当たり
ました(*´ω`)b <イエィ

前回同様、この2体も簡単にレビューしてみようと思いますので、続きからどうぞ。続きを読む

2013年04月22日

「ガシャポン戦士NEXT13」を2回やってきました

|・ω・) <こんばんは。

ガンプラ以外のネタですが、たまたま出掛け先の店で「ガシャポン戦士NEXT13」が
入っているカプセル販売機を見かけたので、2回ほど回してきました。
というか財布の中の100円玉が5枚しかなかった、というのもあるんですが(笑
DSC209353.jpg
今回出たのは「ガンダムエックス」と「ガンキラー」でした。

まずは「ガンダムエックス」から。
今回のNEXT13で、エックスにはサテライトキャノン装備タイプとディバイダー装備
タイプの2パターンがあります。
DSC209346.jpg
サテライトキャノン装備タイプでは、手持ち武器はビームソードになっています。
個人的にはシールドライフルの方が良かったかなぁ…。

DSC209347.jpg
後ろに長い構成になっているせいで簡単に倒れやすいので、キャノンを支えにして
やると良いです。

で、この機体では当然、
DSC209348.jpg
パーツの組み換えでサテライトキャノン発射状態にする事も出来ます。

DSC209349.jpg
この記事を書いている段階で気づいたんですが、リフレクターの向きを前後逆にして
やれば、ホバリング形態にも出来そうですね。

DSC209350.jpg
バックパックには2つの穴があり、中央は通常時、右側はサテライトキャノン発射状態
で使用します。

続いて「ガンキラー」です。
DSC209344.jpg
この機体には、特にコレといったギミックはありません。

頭部の口周りを見ると、なんとなくグリッドマンを連想します(笑

DSC209345.jpg
掌のニードル(?)は手首と一体化されているので、脱着は出来ません。

DSC209352.jpg
最後に、この2体でバトルしているシーンっぽく。
登場作品が全然違いますが、こんな遊びが出来るのも面白いです。

「ガンキラー」を知っているかどうかで年齢が分かっちゃいそうな感じですね(笑
(「超戦士ガンダム野郎」を知っている人はどのくらい居るんだろ?)

今回のNEXT13は、個人的に全て当たりだと思う位に豪華なラインナップです。
特に「エックスD.V.」と「ウイングゼロ(EW版)ライフル装備」も絶対欲しい所なので、
今度また挑戦してみようと思います。

2013年03月31日

「アサルトキングダム」を試しに購入。

|・ω・) <こんばんは。
最近暖かい日が続いたと思ったら、今日は一転して寒い1日になりました。

2日ほど前になるんですが、たまたま近所のスーパーに行ったら、
DSC209202.jpgDSC209205.jpg
「アサルトキングダム」が入荷されたらしく、全4種が店頭に並んでいたので、その中
から「エールストライクガンダム」を買ってきてみました。
ここ最近HGストライクを弄っていたので、個人的にはタイムリーな商品ですね。

そういえば、ガンダム系の食玩を買ったのって何年ぶりだろう(笑

DSC209208.jpg
サイズ的には、HGストライクの下半身とほぼ同じくらいの高さで、約1/200スケール
になるんでしょうか。
ただ、このサイズゆえの弊害なのか、部分的に塗装が荒くなっていたり、色分けが
出来ていない所もあるので、見た目にこだわるならリペイントした方が良いですね。

サイドアーマーや、エールユニットの主翼の大きさから、MG版やRG版のスタイルを
基に作られているようです。

材質は、ストライク本体はPVC、武器・エールユニットはABSが使われています。

DSC209209.jpg
肘・膝関節に関しては、HG版よりも大きく曲げられるのが凄いですね。
また、手首パーツは両手とも武器持ち手と平手の2種が付くなど、意外とHG版より
も豪華な内容になっています。
付属しているベースも、支柱の両端で可動するので、好きな角度で飾れます。

たまにはこういう物にも手を出してみるのも面白いですね。
こうして見ると、食玩もかなり進化しているんだなぁ、と実感させられました。

2012年09月29日

AGEの外伝「追憶のシド」の2巻目も購入

| ・ω・) <こんばんは〜。
|⊂ /

現在、台風17号が本州を直撃するような形で近づいてきていますね。
私の住んでいる辺りでは、現時点での天気予報を見る限り、明日30日の午後10時
前後に最も接近、あるいは直撃する可能性が高いようです。
皆さんも、くれぐれも雨や風にはじゅうぶん注意して下さい。

当ブログでは、まだまだAGEネタは続くようで、
DSC208052.jpg
ようやく外伝の「追憶のシド」のコミック2巻目も購入してきました。
2巻目はストーリー進行上、アセムが海賊になった経緯がメインになってますね。

ここで出てくるシドはウィービック達の活躍で破壊された事から、本編で出てきた
のは、修復作業をしていた小型のシドが自己進化したものなんでしょうかね?
そうなると本編でEXA-DBは出たとしても、シドは外伝の方で完全に破壊された
ために出てこない、という事にしても良かったような気もします。
やっぱり、無理矢理に本編でシドを出す必要性は無かったんじゃないかと(;´ω`)

あと最後の方に「始まりの物語」の後編が載っていて、風車を背負ったAGE-1が
登場してますが、アニメ本編でもこういうブッ飛んだ装備も出して欲しかったな、と
思いました(笑

2012年09月23日

AGEもとうとう終わりましたね

|・ω・) <こんばんは。
|⊂ /

今日でAGEがついに最終回を迎えた訳ですが、やはりというか、もはや当たり前のように
ツッコミを入れたい所が沢山でしたね(笑
今回はまだ未見の方の為を考慮して、感想は反転させています。
※2012/10/06に反転を解除させて頂きました。

全員が協力する場面はOOのブレイクピラー事件から来てた感じだったし、これなら、前回
でゼハートを死なせずに、最後までアセムと共闘して欲しかった所です。
人種を超えたあの二人の友情はなんだったのか、全然意味ないじゃんか…(Tд⊂)
あと、ここで新キャラを出すなら、イゼルカント自身が最後の力を振り絞ってMSに乗って
出てきた方がもっと良かったと思うんですが…。

あのダイダルバズーカのパーツはいつ作られたんでしょう?
ディーヴァが破壊される直前までにAGEビルダーが作ったのか、ビシディアンの海賊船の
資材とロディの技術力で作り上げたのか?

戦闘が終わった後の後日談みたいのなのがほんの数十秒程度でサラッと済ませたのは
もう笑うしかないですね。
結果として、フリットはこれで本当に良かったのかどうかも知りたかったですし…。
完全に、物語の要所要所にかける尺を計算し間違えてきたツケがこれですね。

それにしても、EXA-DBを守るのが役目の筈のシドが、何故わざわざ自分から戦場に出て
きたんだろう?
結局、謎は謎のままって事なんでしょうかね…。

なんだかんだで1年間、全話を見ましたが、色々な意味で楽しめたかなと思います。

DSC208020.jpg
ダイダルバズーカも、ほとんど見せ場がないまま破壊されたのは惜しい所です。
ところでレギルスコアは結局出番なしだったんかい。

====追記====
コジロウさんからのコメント投稿で判明したのですが、当ブログでお借りしている
テンプレートでは、コメント欄での文章に反転などの色付けをする事ができないよう
です。
従いまして、まだネタバレされたくない方は、それまで該当記事のコメント欄は極力
見ないようにして頂ければと思います。
ネタバレはあまり気にしないんであれば、遠慮なく見て頂いてもOKですよ(笑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。